その他 > SSLサポート

SSL運用に関する各種サポート

SSLサポート


SSLサポート

証明書取得管理等のランニングコスト 0円〜


該当プラン:VHC、PRO、CUD

管理者様3ヶ月毎の手動更新(認証局による利用者保険無し) 0円/月
1年の更新管理代行と認証局による利用者保険有り 10,000円/年
1年の更新管理代行と認証局による利用者保険有り 80,000円/年

0円運用をご希望の方はこちらを参考にいつでもご自由に操作いただけます。

コンテンツのSSL対応等スタートコスト 0円〜



※SSL化した後アドレスバーに鍵がかからず混在コンテンツなどのアラートが出る場合、修正の必要な場合がありますが、ご自分で行えば無料です。


SSLサーバ運用パターン



運用パターンA

非推奨
public_htmlとprivate_htmlにそれぞれコンテンツを構築し、httpサーバとhttpsサーバのそれぞれにアクセス可能状態にします。

A-1 管理画面2222>アドバンスド設定>SSL証明書のインストール>SSL は現在このドメインで ◯◯ になっています。無効にするには ここをクリック。SSLアクセス時のドキュメントルート>private_htmlディレクトリを使用します。をチェックして保存。

A-2 管理画面2222>アドバンスド設定>SSL証明書のインストールで入手された証明書をインストールしてください。
(備考)public_htmlはHTTPサーバー、private_htmlはHTTPSサーバーとして動作します。


運用パターン B


public_htmlにのみコンテンツを構築し、httpサーバとhttpsサーバのそれぞれにアクセス可能状態にします。

B-1 管理画面2222>アドバンスド設定>SSL証明書のインストール>SSL は現在このドメインで ◯◯ になっています。無効にするには ここをクリック。SSLアクセス時のドキュメントルート>public_htmlディレクトリを使用します(private_htmlをpublic_htmlへのシンボリックリンクにします)。をチェックして保存。

B-2 管理画面2222>アドバンスド設定>SSL証明書のインストールで入手された証明書をインストールしてください。

(注)この操作でpublic_htmlの中身はすべて消去されます。必要なファイルはダウンロードやpublic_htmlへの移動をお願いします。


運用パターン C


public_htmlにのみコンテンツを構築し、httpsサーバのみアクセス可能状態にします。http→httpsリダイレクトします。

運用パターンBでhttpsアクセスし、アラートが消えたことを確認されたら申込みフォームから送信ください。
(備考)全てのHTTPでのアクセスもHTTPSアクセスに自動切り替えします。


SSL化についての留意事項



SSLをはじめる時



ブラウザでのアクセス時にセキュリティーに関するチェックに問題があるとブラウザのURL欄や、画面全体にアラートが表示されます。SSL化した時、これが発生する場合はブラウザにてソースを表示して http でかいてあるコードを httpsに修正してください。読み込みcss、javascript、画像などにhttpがある場合があります。これらのアラートが解消した段階で運用パターンBからCに移行されることをお勧めします。

SSLをやめる時



SSL運用をはじめるとGoogleなど検索サイトやSNSでのリンクURLが徐々に httpからhttpsへの登録にかわります。その時点でSSLをやめると、登録されたURLはすぐには httpsからhttpに変わりません。するとその間アクセスするユーザはhttpsへ訪問することになります。そこでSSL運用をやめていますとSSL証明書の無いhttpsサイトにアクセスしますので「フィッシングサイトの可能性が高い」と判断されユーザには強い警告が表示される場合があります。そのためSSL運用を停止する場合は、ある程度の期間運用パターンBに変更し、Googleへの登録URLがhttps→httpに変更されたのを確認したのちに行うことが望ましいです。その場合でもSNSや外部サイトからのリンクは修正されないのでエラーは永続的に解消しないケースが想定されます。

上記全SSLプラン共通事項
●0円プランについては、初期のサポートも無償で承ります。●グリーンアドレスバーについては初期設定時に登記簿などが郵送や審査が必要なため申し込みから開始まで時間がかかります。●CMS等各サーバーソフトの操作設定については開発元やサポート窓口をご覧ください(CMS/esについてはプリミティブ・モアレにてサポート可能です)。●サイト全体SSL化の場合は、サイト内にhttpからの画像引用やJavascript引用がある場合ユーザーにアラートが表示されますので開始時に点検いただくことをおすすめします(定例講習会も承ります)。1サーバーに複数サイトを収容されている場合その全てのサイトがSSL化可能です。CUD/PROプラン2016年10月16日より収容全ドメインSSL対応完了しました。VHCプラン2017年07月1日より収容全ドメインSSL対応完了しました。
icon
バックリンク(0) 参照(494)